本文へジャンプ


巻頭言

 2018年6月1日  編集メモ

通話表とQ符号

 私は、今から50年前の高校の時に電話級の免許をとりました。

 免許をとって、まず覚えたのが欧文通話表(フォネティックコード)と和文通話表でした。
アルファ、ブラボー、チャーリー・・・・
朝日のア、いろはのイ、上野のウ・・・・
 コールサインや名前を相手に的確に伝えるための通信方法です。特に欧文通話表は世界共通ですから、海外の局と交信する場合はこれに従うことが重要です。

 次に覚えたのが、Q符号でした。これも確実に内容を相手に伝え、簡潔に交信する場合に効果的です。こちらのQTHは、福島市・・ QRZ どちらか当局を呼びましたか? QSLはJARL経由で・・・など通常の交信の中でも良く使われます。これらを覚えると、何だか一端のアマチュア無線家になったような気分になったものでした。

 さて、CW通信では通話表というものはありませんが、Q符号とCW略符号が大きな意味を持ってきます。
当ホームページでも「CW入門」のページで紹介しています。短い時間で相手に的確に内容を伝えるために必要不可欠な通信方法となっています。しかもQ符号、CW略符号とも世界共通ですから、これを使えば、ろくに英語が話せなくとも海外局との交信をバンバン行うことができます。

 Q符号、CW略符号は、デジタル通信(RTTYなどの文字通信)でも使えますから、ぜひ覚えたいものです。では、通話表とQ符号、CW符号をしっかり覚えてFBなハムライフを!

 
                      HP編集員 JH7UBC 畠 惠治
 2018年6月1日  編集メモ

FT8のジレンマ

 JT65 デジタルモードによるQRP DXing も人気のピークは過ぎたのか、20mバンド内は閑散としており、たまに見える信号も「QSO B4」と表示される。要するに、僅かばかりの”常連”がCQを出している状態なのだ。太陽黒点数も少なく、お空のアクティビティも低いせいもあるかもしれないが。

 世の趨勢は、短時間でQSOが可能なFT8に移っているようである。PSKReporterでモード別のアクティビティを見てみると、JT65と比較するとFT8はアクティブであり、人気の違いぶりがよくわかる。当局も3月末にようやくFT8の変更届の処理が完了し、4月からはFT8にもQRVしている。

 デコード可能最小レベルは、JT65:-25dB、FT8:-20dBと言われている。日本から見ると、東はアメリカ、西はロシア、中国が広大な領域を占めており、DXCCエンティティーを稼ぎたい向きにはチョイ不利な場所である。

 PSKReporterでは、EU地域でも自局の信号がデコードされている様子が判るが、-20dB以下でデコードされているのも多くある。JT65ならばQSO可能な信号レベルということになるが、FT8ではこちらの信号はデコードされていない可能性が大いにある。当局でデコードできた信号レベルでも、同等レベルで相手局に届いているわけではない。此方は無指向性GPアンテナに対し、彼方はタワーに大型ビームアンテナを使用している可能性もあるのだ。

相手局でのデコード率を上げるにはQROするか、またはアンテナのゲインを上げるしかないことになるが、それもまた本末転倒である。JT65で気長に待つか、FT8で取ってもらえる局とQSOするか、それが問題だ。

                      HP編集員  JA7GND 渡辺 栄