本文へジャンプ


巻頭言

Hamフェアも近づく八十八夜
2017年8月1日  巻頭言

  【暑中お見舞い申し上げます】ハガキの終わりの行には『盛夏』と言う文字が一番良く似合う季節と思うのですが梅雨明けが宣言されたのにもかかわらず東北の夏はいったいドコに行ってしまったんでしょうか?ヒョットすると今年は麦わら帽子のお世話にならなくてもひと夏が越せそうな予感も致します。実は家内とエアコンを新調する相談を交わしていたんですがこのままの天候が続くようであれば一年先延ばしと言う選択肢も視界に入ってまいりましたhi

 さて例年八月の第四土曜日、東京有明「ビッグサイト」で開催されておりましたハムフェアは月が変わって九月の第一土曜日に変更となったようです。(今後も継続的に九月開催となるかは未定ですが)私も当然、九月二日(土)に上京を計画しております。しかし、私事で恐縮ですが翌日(三日発)に8エリアへの観光旅行が控えている事情から普段はノンビリ一泊コースで楽しむハムフェアも何かとタイトなスケジュールになってしまいました。

 ご案内の通り、来年は東北復興ハムフェアが仙台市を会場として開催が決定している事情から毎年、東京まで出張する見学ツアーも今年で最後となる可能性が高まってまいりました。(復興ハムフェアは恒常的開催を目指しているからです)それ故に今年こそは『見納め』となるかも知れない東京ハムフェアを時間の許す限り楽しんでまいりたいと思う今日この頃なのでございます。

                        FCWA事務局長 JH7LUF 金沢勝則
 
 2017年8月1日  編集メモ

コンテスト

 今年も7月1日2日の6m&ダウン・コンテストに50MHzCWで参加しました。また、7月25日から31日までの全福島マラソンQSOにも50MHzで参加しました。
 ある人から、「畠さんは、6mマンですよね」と言われたことがあります。「いや、そういう訳ではありませんよ」と答えましたが、確かにそう言われるのも分かります。夏のシーズンは、50MHzの運用が圧倒的に多いからです。Eスポシーズンの50MHzは面白いですからね。

 私がコンテストの面白さを知ったきっかけは、FCWAのクラブ局JA7ZBFでフィールドデーコンテストに参加したことでした。何も考えず、ひたすら交信に集中する。1局でも多くの局との交信に挑戦する。もくもくと行う孤独な作業です。リグ、アンテナの設置やロケーションも含め事前の準備は重要ですが、いかに情熱をもってコンテストに臨むかが大切だということを学びました。その後、様々なコンテストに参加することによって、徐々にCWコンテストのスキルをアップすることができました。今年は、7月、6m&downコンテストと福島マラソンQSOに参加し、9月は430CQ大会、10月はA1クラブのストレイトキーコンテスト、12月のFCWA CWQSOパーティに参加する予定です。

 長い間アマチュア無線をやっていますと、どうしてもマンネリ化してきます。また、飽きてしまうものです。そこで、ハムライフにメリハリをつけるものがコンテスト参加だと思います。日ごろの交信も含めコンテストに参加できるのは家庭環境や健康状況が良いからです。幸せなことです。この幸せを噛みしめながら、今年もコンテストを楽しみたいと思います。 
 
                    HP編集員  JH7UBC 畠 惠治
 
 2017年8月1日  編集メモ

セカンドライフ

 自宅でも電子工作ができるようにと、机をひとつ専用に充てワーク・ベンチ「電子工作工房」を仕立てようと考えている。いままでも自宅で電子工作ができなかったわけではないのだが、自宅では工具類も少なく、ケースの穴開け加工などは会社の専用機器を利用させてもらっていた。
 測定器は、過去にインターネットオークションを利用して、オシロスコープ(Tektronix100MHz)を落札して所持していたが、最近これに、安定化電源(Kikusui18V-3A)、マルチメータ(HP)、Signal Generator(HP, 0.1-990MHz)、温調器のついたはんだごてステーション(HAKKO)などが加わった。いずれもオークションでの購入なので当然中古機となるわけであるが、購入価格は定価の1-2割でプロ仕様の設備を導入できた。まだ十分使用できるものを潰してしまうには「もったいない」ものである。なので、当局の工房でセカンドライフを過ごしてもらおうと思っている。



 さて編集子本人も会社は60歳の定年が過ぎ、毎年更新の雇用契約で仕事を継続するも、そろそろ年金支給が始まる時期を迎えようとしている。更に雇用契約して仕事を継続するか(雇ってくれるのか?)思い悩むところである。我が家の中古機器類は、まだまだ第二の人生を歩めそうであるが、当の本人は、体力的にちと難しくなっているように思う今日このごろである。

                    HP編集員  JA7GND 渡辺 栄