本文へジャンプ


巻頭言

歳月人を待たず
 2018年2月1日   巻頭言

 大晦日を通り越して御歳神さまをお迎えしたと思いましたら、もう月が変わって二月です。お陰様で私も三回目の【成人式】と呼ばれる還暦(満六十歳)に王手が掛かって今年は前厄です。 新聞誌上のローカルトピックスのページで良く見かける「還暦同級会」の集合写真など自分には遥か遠い未来の話だとタカをくくっておりましたらあっと言う間に現実味を帯びて来てしまったと言う訳です。

 さて、皆さんの場合では小学校、中学校、高校のいずれの同窓の枠で開かれるケースが多いのでしょうか?私事で恐縮ですが高校卒業の際、クラス会の幹事を引き受けていましてこれまで同級会らしき集まりは一度しか(最初の成人式)行っていなかった関係で今回こそはと還暦に合わせ四十年振りの再会を目指したいと誓いも新たにしている今日この頃なのであります。この場をお借りしまして過去に還暦同級会の幹事を経験なさった方がいらっしゃいましたら何とぞアドバイスの程宜しくお願い致します。

                FCWA事務局長 JH7LUF 金沢勝則
 2018年2月1日  編集メモ

HF交信会

 FCWAでは、毎週水曜日の21時から、3.520MHz付近でCWによる交信会を行っています。2008年2月から始まったこの交信会は、間もなく10年を迎えます。交信会の記録は、本ホームページのHF交信会のページに記録されています。

 過去の記録を見ると、今はサイレントキーされた、JA7SSB 齋藤さん,JM7TGV 八木さん,JA1HMK 杉さんのコールも見えます。記録を見るたびに、懐かしさがこみ上げてきます。キー局は、この2年間は、当局JH7UBCが務めていますが、それ以前までは、JA1OQG/7松田さんが担当されていました。

 この交信会も最近は参加局が少なくなり、少し寂しい状況になっています。しかし、毎週FCWAのメンバーと交信できる機会は、私にとって大きな楽しみでもあります。そして、短いメッセージを和文で交換することは、和文CWの交信力を維持する大切な時間となっています。

 この交信会を今後どれだけ継続できるかは分かりませんが、しばらくの間は、同じスタイルで続けようと思っています。FCWAのメンバー、それ以外の局でもけっこうですし、欧文のレポート交換だけでもかまいません。ご参加をお待ちしております。

                      HP編集員 JH7UBC 畠 惠治
 2018年2月1日  編集メモ

後継者育成


 年金の支給が始まる齢となり、会社の退職を考えていたが、会社の上司からの慰留もあって出勤日を減らしてもらうことで、会社勤めをしばらく継続する事にした。慰留された理由の一つに技術高周波に対する技術・知識などの継承がある。高周波を扱う機会がないと実際の指導ができないためである。

 フレンチの超一流のシェフがレシピ本を出していて、「この通りに作れば、私の店の料理を再現できます」とうたっていたりしている。そのシェフに隠し事や秘密は一切なく、自分の知っている全てを曝け出しているのだが、一方で、「この通りに作っても、オレと同じ料理はできないだろうな」と思うそうである。文字で表せない微妙な「サジ加減」があるのだろう。

 当社製品の高周波伝送特性を測定するためのフィクスチャー(測定用ジグ)も手作りである。コネクタが製品により変わるので、フィクスチャーは一品ものにならざるを得ないのである。なので現物合わせで作成する。フィクスチャーの回路図は簡単であるが、そこには回路図では表せない「センス」が必要であり、「センス」というものはなかなか文字で表せるものではない。見て「美しい」ものは機能的にも良いものとなる。電子工作もしかりで、見て美しいものは機能的にも優れたものとなる。回路図というレシピを通して先人の知恵に沢山触れ、実践を通じてセンスのブラッシュアップを心掛けたいものである。

 FCWAというコミュニティーは個人局の集合体である。ハム活動は個人レベルでの活動だが得手、不得手が個人では異なり知識も技量も様々。なぜFCWAに集うのかを考えてみると、個々人で不足している技術・知識を、先達の知恵を借りて補いたいということなのだろう。後継者育成をどうするか...

                       HP編集員  JA7GND 渡辺 栄