本文へジャンプ


巻頭言

第9回FCWA CW QSOパーティについて
 2017年12月1日  巻頭言 

 明日12月2日(土)に我がFCWA主催の第9回FCWA CW QSOパーティが開催されます。早いもので、このQSOパーティも9回を迎えます。

 このQSOパーティは、CWの普及活性化に貢献した、故JA7SSB齋藤氏の功績を記憶に残すために、氏の命日である12月2日に開催していました。その後、多くの局に参加していただくために12月の第1土曜日の開催になりましたが、今年は、期せずして、氏の命日での開催になりました。

 できるだけ、多くの局に参加していただくために、バンドは、1.9MHz~28MHz(10MHz,18MHz,24MHzバンドを含む)のHF帯に設定しました。更に、コンテストという名称ではなく、通常の交信でもRSTとNameさえ交換すれば得点となるように、パーティという呼称を使っています。

 最近のHF帯のコンディションは、あまり良くありません。10MHzや7MHzでさえ、午後3時以降になるとローカルスキップを始めます。そこで、昨年の参加者からの要望もあり、今回からQSOパーティの開始時間を3時間早め、午前9時からの開始としました。1.9MHzや3.5MHzにQRVできない局にも十分QSOパーティを楽しんでいただけると思います。自分のペースで、好きなバンドで、好きな時間帯にCWを楽しんでください。CW解読ソフトを使うも良し、リグからの自動送信も良し、自分のスタイルでCW交信を楽しんでもらえればと考えています。

 ロギングソフトは、FQPに対応しているCTESTWINがおすすめです。このソフトなら簡単なインターフェースでCQの自動送信もでき、終われば提出用のログも簡単に作成できます。どうぞ、気軽な気持ちで、FQPに参加していただき、各局がこれを機会にCW交信を楽しむ時間が増えれば幸いです。では、CW QSOパーティでお会いできることを楽しみにしております。

             FCWA CW QSOパーティ・マネージャー  JH7UBC 畠 惠治
 2017年12月1日  編集メモ

ハムカツ・デラックスのススメ


 薄っぺらいハムに厚い衣をかぶせ、油でカラッと揚げたハムカツにウスターソースをつけていただくとおいしいハムカツは、冷たいビールのアテとして最適ですが、そのハムカツの話ではアリマセン。アマチュア無線の活動が「ハムカツ」です。

 65歳を過ぎてから、会社は週4日の勤務(火曜~金曜)に変更してもらって、まだ継続している。(モチロン給料はずっと下がったが、仕事に出ることである程度社会とのつながりが持てることと、少ない年金生活で老後不安が多少なりとも先延ばしにできることは良いかなと思っている)

 当局のHFアンテナの一つはローカル局から譲り受けたHFのグランドプレン(GP)だが、店じまいの時、撤去が容易にできるようにと車庫の柱に取り付けている。(給電点の高さは3mほどにしかならない)

DXの交信は、タワーに設置した八木アンテナにハイパワーを入れないと、「届かない・聞こえない」ものと思っていた。(確かにコレは間違っていない)しかし、新しいデジタルモードのひとつJT65を始めたら、なんとHF-GPアンテナでもDX交信が可能だったのだ。

 当局は休日中心でのハムカツだが、この11月では、世界6大陸のうち4大陸(アジア、ヨーロッパ、オセアニア、北アメリカ)を制覇することができた。QSOできた30局までの距離合計は18万km以上となる。約地球4周半の距離を出力10W以下で交信ができたのだから、もうこれはハムカツ・デラックス(DX)と呼んでも良いかもしれません。勿論すべて地上高3mに設置したHF用GPアンテナでの実績である。

 ハムの目的は「遠方にいる仲間と通信する」ことである。その手段として、通信方式の一つとしてCWで行ったり、より遠くへ電波をとばしたりするために、高いタワーと大型ビームアンテナの設置であったり、あるいはより高出力の電波を出すための上級資格取得だったりするのだ。

 庶民ハムからすれば垂涎のタワーや大型ビームアンテナも、終活が視野に入れば厄介者にも見えてくる。もう一度ハムの目的を考えてみると、特別な設備でなくても「ハムカツ・デラックス」は楽しめるのだ。

                       HP編集員  JA7GND 渡辺 栄