本文へジャンプ


巻頭言

ジャン測
2017年10月1日  巻頭言

 ジャンク測定器のことを「ジャン測」と呼ぶらしい。インターネットオークションなどに、中古の測定器が多数出品されているが、その多くは古物商などが会社で破棄処分された測定器を仕入れて再販しているものだ。出品時の説明に「壊れていることの説明」がなされていなくて、瑕疵について後々のトラブルを避ける目的で、「ジャンク」として出品しているのだ。当局もそのようなジャン測を落札して、当局で第2の人生を歩んでもらおうと思っている、とは先々月の編集メモに書いた。

 そんな中、当局のジャン測は更に2つ増えた。1つは低周波用のRCオシレータと、スペクトラムアナライザ(Advantest, 9kHz-3GHz)である。トラッキング・ジェネレータがついたものであれば、フィルターなどの伝送特性の測定ができてFBではあるが、TGオプション付きは値段が高くなるのと、中々出品されてなく手に入れるのが難しい。実は当局が参加したオークションの終了時刻の10分後に終了する、別のスペアナの出品があり、そちらの機種の人気が高くて、おかけで当局は別スペアナの半値ほどで落札できた。

 モノクロ液晶画面のそのスペアナはR3131A という機種で、いかにもローコスト化しましたという感じである。メーカのカタログには、パーソナル・スペアナと謳っている -- スペアナは一家に一台の時代か? (笑)最近では波形のキャプチャ画像をUSBメモリにSaveできるものも多くなってきているが、3.5インチフロッピーでも利用できるなら、PCに波形を簡単に取り込めるので便利である。

 今回スペアナを入手して色々試してみると、 フロッピードライブでエラーがでて、3.5インチFDドライブが
使用できなかった。ドライブのエラー内容は「CRCエラー」であることや、DiskのFormatをかけてみると、
はじめはFDドライブは動くものの、その後「Formatできません」とエラーを返してくることから、FDドライブに不具合があることが判った。

 ウチには外付けのDFが1台あるのみなので、これを取り外して装換するわけにもいかず、スペアナ波形はデジカメで取り込むしかないかと、半ばあきらめていた。しかしダメもとで、Head Cleaningを掛けたら、
正常に動作するようになった。動作するようになった事と、予想より安価でスペアナが入手できたため、
ちょっぴり儲かったような気がしている。

 SGから100MHzの信号をスペアナに入力し、レベルと周波数を調べてみた(下図)。測定された周波数は2ppm程度の差であり、レベルは1dB程度以内だ。どちらも校正していないジャン測機器同士の比較であるため、この程度の差を議論するのは、ジャン測同士で「目くそ鼻くそを嗤う」ようなものだ。アマチュア機器
ではヨシとしよう。またPanasonicの RC Oscillator からは約100kHzの正弦波をスペアナに入力し、高調波を
観察した。奇数次の高調波成分(歪成分)はほとんど無く、RC Oscillator は歪みが少ないことも確認できた。




                       HP編集員  JA7GND 渡辺 栄  
 2017年10月1日  編集メモ

「東北和文電信愛好者の集い」Forever!!


 2009年頃に一旦最終開催となって以来、東北エリアを本拠地とした電信愛好者同士のミーティングは私が知る限りでは【休業】状態でありました。最後の大会を締めくくった時の『幹事県』は福島県内局が担当しました。
 時は流れ…昨年、お隣り山形県にJP7AAV,OP新井さんが中心となって発足しました【山形CW愛好会】が主体となって来年9月の開催を目指し、表題の『東北和文電信愛好者の集い・2018』のプロジェクトがスタート致しました。
 かつてこのミーティングに携わった郡山CW愛好会並びに福島CW愛好会のメンバーとして少なからず開催をサポートして行けたらと考え当然、参加する事を前提に電信愛好者の皆さんへのPR活動を行って行きたいと誓いも新たにしているところでございます。

詳しくは下記URLをご参照下さい
http://www.jarl.com/yamagatacw/touhokuwabuntsudoi.html

             FCWA事務局長 JH7LUF 金沢勝則

2017年10月1日  編集メモ

STRAIGHT KEY コンテスト

 10月29日にA1クラブ主催のSTRAIGHT KEY コンテストが開催されます。(規約はこちら)このコンテストは、数少ない縦振電鍵などの単一接点のキーで競うコンテストです。以前は、Let's A1コンテストというコンテストでしたが、リニューアルされ、今回で2回目になります。

 最近は、CW運用者のほとんどが、エレキーを使っており、縦振電鍵を打てないオペレータが増えていると思います。縦振電鍵の打ち方をマスターするには、少々時間が必要です。(当ホームページの「CW入門」のページにも縦振電鍵の打ち方を掲載しています。)私は、CWの運用を始めてから約1年間は、ハイモンドの縦振電鍵HK-702を使って運用しました。このお陰で、現在でも縦振電鍵を打つことができます。毎週水曜日の21時から行っているFCWA交信会のキー局も縦振電鍵を使用して担当しています。

 縦振電鍵を使ったモールス信号は、なかなか味のあるもので、信号に気持ちを込めることができます。ただ、極度に個性的な信号は、かえって聞き取りにくくなりますので、注意が必要です。あくまでも、相手に聞き取りやすい信号の送出に心がけるべきです。

 第1回のSTRAIT KEY コンテストは、都合が悪く参加できませんでしたが、今回は、参加するつもりでおります。皆さんもたまには、縦振電鍵でのコンテストを楽しんでみませんか。コンテストでお会いできることを楽しみにしています。

                       HP編集員  JH7UBC 畠 惠治