本文へジャンプ


FCWA紹介

FCWAの沿革
  1992年2月2日に、CWをとおして通信技術の向上と会員同士の親睦をはかることを目的として、福島在住の会員が中心となって福島CW愛好会は結成されました。
アマチュア無線3級以上の資格を有することが唯一の決まりでした。
 当時は、インターネットが普及しておりませんでしたので、行事の広報に必要な「通信費」を年に1000円徴収しておりました。昨今の通信手段は、e-mailが主流となりましたので、総会や勉強会に使用する会場費など使用目的が変わり、「会費」として徴収するようになりました。対外的な事態に対処できるよう、2009年度から「会長」を役員に加えることとなりました。
 開設当時、身内だけで開かれた講習会が大変好評でしたので、一人でも多くの方に受講していただこうということとなり、翌1993年からCWの普及にも努めるようになりました。2009年まで、JARL福島県支部主催のCW講習会の主管として年に2回、開催してきました。
 2010年から、会場の確保などが思うように出来ないことなどの理由から、県支部の行事としてではなく、気楽に思い立った時に勉強会を開くことになりました。
また、いも煮会、交流会、暑気払い、新年会などの活動も定期的に行っています。これらの行事は、メンバー以外の方でも、気楽に参加して戴けます。その都度、当Webの「お知らせ」でご案内しますので、参加をご希望の方は、お気軽にお申込みください。

FCWA 2017年度(平成29年度)役員
  会  長(書記を兼ねる)    JG7QEN 堀切
 事務局長(会計を兼ねる)  JH7LUF 金澤
 副事務局長    JA7SGJ 草苅
 監事(会計監査)  JH7NTW 加藤 JN7PKC 池田