本文へジャンプ


その他

以前の巻頭言・編集メモ
 2018年5月1日  編集メモ

プログラミング教育


 私が管理者をしている「福島マイコン愛好会」(略してFMCA なんだかFCWAと似ていますね Hi)で今、micro:bitというワンボードマイコンが話題になっています。

 このmicro:bitは、イギリスのBBCが開発し、プログラミング教育のために、イギリスでは11歳から12歳の小学生全員に配布されました。
 4cm×5cmほどのこの小さなコンピュータの能力は高く、LED表示器を持ち、衝撃センサーと磁気センサーを搭載しています。更にA,Bのスイッチも搭載されていて、このボードだけでも遊べますし、I/Oを介して様々なオプションを動かせば、ロボットなども簡単に作れます。
 プログラミングは、JavaScriptブロックエディタで行うことができ、直感的にプログラミングを学ぶことができます。小学生でも十分使いこなせそうです。

 わが国でも2020年から小学校にプログラミング教育が導入されます。文科省の説明では、プログラムやパソコンを教えることが目的ではなく、プログラミング的思考を子供たちに獲得させることが、目的とのこと。
 しかし、子供の能力をあなどってはいけません。かつてのミニ四駆ブームのように創意工夫で自分の世界を作っていく子供が多いはずです。
 この一見おもちゃと見えるワンボードマイコンを彼らは使いこなし、大人がオーッと驚くようなものを作り出してくれるのではないかと期待しています。

 昔、我々がアマチュア無線に心をときめかせたのと同じように、この小さなコンピュータが現在の青少年の心をつかむ教材になるような気がしています。
 
                      HP編集員 JH7UBC 畠 惠治
 2018年5月1日  編集メモ

ワールドワイドなコールブックに登録しよう

 DigitalModeで時折「CQ DX」を連呼している農協、いや「JA」のOMのコールサインを見かける。どこのお方かとQRZ.comで、そのコールサインを検索すると登録されていないことがある。おそらくは、QSOが済んだらQSLカードの転送作業はBureauに回して、会費のモトを取ろうと考えているJARLの就寝会員なのであろう。

 DigitalModeでは交信情報が極めて少ないため、補足情報はコールブックに依るところが大きい。国内相手ならば「カードはBureauで...」済むかもしれない。自局の素性は隠しておいて「CQ DX」を掛けるのは、外国の交信相手に失礼とは思わないのだろうか。

 QRZ.comはアメリカのサイトである。そのためここは政府のデータベースからデータを引っこ抜いてきてリストを作成しているので、アメリカの連中はdefaultで掲載されることになっている。アメリカ人にはプライバシーの概念はないと思ってよい。個人情報がどうのとくだらんことを言っているのは、日本の某政党支持者だけだ。そもそも市民派を名乗ってその陰で自分は責任を逃れようとする者のこのアンカバ精神ってのは、日本のアマチュア無線家の主体性の欠如と、どこか通じている。ブランドものの「高級ハム」ならどこへ出しても恥ずかしくないが、産地も素性も判らない「上級ハム」では、贈答相手に送るのは恥ずかしい。

 QRZ.comは、ワールドワイドなコールブックのデファクト・スタンダードと言って良い。ただ登録するには、最初にサポーターの助けを借りてデータベースにコールサインの登録をして貰う必要があることと、その後の登録編集作業は英語の説明に従い行う必要があるので、英語を母国語としない我々日本人たちには、多少敷居が高いものになっているのかもしれない。しかし多少なりとも英語教育を受けてきたならば、できない話ではない。当局もちょっとがんばって登録してみた。
皆さんもQRZ.comに登録してDXを楽しみましょう。

                      HP編集員  JA7GND 渡辺 栄

キレイな電波を出しましょう
 2018年4月1日   巻頭言

 当局は休日を中心に、JT65デジタル・モードでハムカツDXを楽しんでいる一人である。3月のある日、20mバンドのJT65を運用しようとしたら、通常のJT65の変調信号パターンとは異なる見慣れぬ信号が、JT65で使用される周波数帯に目一杯広がっていた。以前にもその変調信号パターンを見かけたことはあったが、明らかにJT65の変調信号とは異なっており、「新しいデジタルモードの変調方式か?」と思ったりもしたが、その変調信号の正体は「不明」のままであった。



 画像はその日のウォーターフォールのキャプチャである。赤枠で囲った部分が「不明」の信号である。その信号をよく見てみると、低い周波数側に見えるFT8の時系列送信パターン(黄色枠で囲った部分)と同期しており、周波数関係を調べてみると、元のFT8信号を基本波とすると、ちょうどその3倍周波数と5倍周波数に「不明」の変調信号が見えることに、はたと気が付いた。

 これで「不明信号元」は判った。フーリエ級数をご存じの方はもうおわかりと思うが、要は正弦波がクリップすると矩形波になり、奇数次の高調波成分が発生するのである。発生原因を類推すると、PCのオーディオ出力が大きすぎて波形がクリップし、そのままリグにつないで電波を発射しているため、FT8の信号とともにJT65の周波数帯に「不要輻射」をまき散らしていたのだ。さて原因は判ったものの外部要因のため、原因の除去は発生元に対策して頂くしかない。

 当局はアンテナの関係から、メインリグは20mバンドのJT65-HFをPCにつないでいる。サブリグでは40mバンドのFT8信号号をWSJT-Xを用いて、別PCでモニタしている。急遽、サブリグの40mバンド用のアンテナはそのまま、QRG周波数のみを20mに変更しFT8の信号をデコードしてみると、その「発信元」のコールサインが判った。

 QRZ.comで検索してみると、その「発信元」は韓国のExtraライセンスを持つOMのようで、写真ではリニアアンプを前にして映る姿は好々爺そのものであった。当のご本人に悪気は全くないものと思われるが、知らせてあげないことにはご本人は知らないままとなってしまう。意を決してアドバイスのメールをすることにした。スプリアスの写っているウォーターフォール画面を添付し、拙い英文で「PCのオーデ
ィオレベルが過大であるため高調波を発生させているので、オーディオレベルを減じるように」とのアドバイス・メールを作成し、QRZ.comに記載されたアドレス宛に発信した。

 翌日、件のOMからPCの出力レベルを減じたことと、感謝の意を込めたメールが届いた。 今までローカルからそのようなレポートを貰ったことはなく、当局のレポートが最初だとも伝えていた。 この原稿を書いている今日も、FT8モードの強力なスプリアスが見えている。こちらは中国の局のようだが、QRZ.comへの登録がないので知らせることもできない。自局では自分の変調信号を、なかなか確認できないものだが、やはりモニタすることが必要であることを感じた。

                      HP編集員  JA7GND 渡辺 栄
 2018年4月1日  編集メモ

「オールド無線機」よもやま話

 春たけなわ、都内ではすでに葉桜状態でしょうか?朝の連続テレビ小説【わろてんか】も丁度区切りよく先月末で完結を迎えました。テレビドラマのワンクールって言いますのはおおよそ三ヶ月刻みなのだそうです。ですから、最近のお茶の間には新番組の番宣(番組予告コマーシャル)が流れ始めました。昨日何気にテレビの前に座っているとホイップアンテナを装着したいかにも30年前ぐらいのハンディトランシーバーが映りました。のちに判明しましたのは今月10日(火曜日)夜九時からスタートする『シグナル』と言う刑事ドラマだったのです。注目の小道具として番組で登場するのがアイコム社が1982年に発売したIC-3Nを改造したフォルムにソックリなのでオールドファンの皆さん、是非このドラマにご注目を頂きたいと存じます。

 さて、先月3月11日は震災から七年目の区切りとして仙台市におきまして【第一回東北復興ハムフェスティバル】が開催されましたのは記憶に新しいところで有ります。無論、私も前日から会場入りし東京のハムフェアと肩を並べる事は難しいにしても一人でも多くの来場者に足をお運び頂き、来年以降の第二回、第三回へと繋がるような大会になればと思いながら会場を後にしてまいりました。余談になりますがこの東北ハムフェアに参加した見返りと言う訳ではありませんが会場で40年前ぐらいのTRIO時代のHFトランシーバーを掘り起こしてまいりましたので画像付きでご紹介させて頂きます。TS-520の上級版TS-820Xなのですが中古品の相場としましては状態にもよりますが1万五千円前後でしょうか?ソレが、ナ、ナ、何と¥2,500で譲って頂く事が出来ました。どう考えましてもJUNK品レベルのお値段ですのでダメもとで持ち帰って520用の電源コードを付け替えてSWを入れてみましたら見事に受信出来ました。そう言う訳で最近はもっぱら7MHz電信をこの無線機でワッチを楽しむのが日課となっております。

                    FCWA事務局  JH7LUF 金沢勝則


 2018年4月1日  編集メモ

こぶし

 今年は、冬が厳しく、その後暖かかったせいか各地で桜が例年より早く開花しました。桜の名所は花見客でにぎわっているニュースが流れ、まさに春本番です。日本人は桜が好きですね。

 桜が咲く少し前に、こぶしの花が咲きます。
♪白樺 青空 南風  こぶし咲くあの丘 北国のああ北国の春♪
そうです。あの北国春に歌われているこぶしの花です。
モクレンに似た白い花。たくさんの花をつけたこぶしは、なかなか見事なものです。

 仕事のOB会の関係で、この数年、春になるとこぶしの花を探しては写真を撮っています。会津盆地内や周辺町村に車を走らせ、こぶしを見かけるとパチリ、パチリ。探してみると、こぶしの花ってけっこうあるものです。でも、こぶしが咲く時期を逃さぬように注意しなければなりません。さて、今年はいつ咲くのか。そろそろかな。

                      HP編集員 JH7UBC 畠 惠治

自作無線機でCWを楽しむ
 2018年3月1日   巻頭言

 昨年末、7MHz CWトランシーバーを自作しました。(下の写真)


 外見は、レトロなラジオ風に仕上げましたが、中身はけっこう現代的です。心臓部のVFOは、完全デジタルでマイクロコンピュータで制御しています。当然、表示も液晶のデジタル表示です。出力は0.5Wほどですが、国内ならこれで十分交信できます。メーカー製のリグも多数持っていますが、自分で作ったリグでの交信は、格別なものがあります。

 私が初めて短波の受信機を作ったのは、今から50年前の高校生の時です。小遣いやアルバイトのお金を貯めては、福島市内の電気屋さんに足しげく通って部品を集め、高1中2(高周波1段増幅中間周波増幅2段)の短波受信機を作りました。参考にしたのは、確か「初歩のラジオ」の記事だったと思います。懐かしいですね。AM受信機ですから、アマチュア無線(当時はA3が主流でした)や海外の短波放送を聞いていたのですが、7MHzバンドの上の方でモガモガと聞こえるその当時始まったSSBを受信してみたくなりました。検波回路にBFOを加えてSSBが復調できるようになると毎日7MHzのSSBをワッチするようになりました。

 あれから50年。相変わらず無線機を作って遊んでいる自分がいます。なんだか少しも進歩していないような気もしますが、自分で作った無線機から音が聞こえ、交信できるって楽しいんですよ。これもアマチュア無線の楽しみ方の一つの方法です。特にCWの送信機は、構造が単純で、自作も簡単です。送信機だけ自作しても十分交信を楽しめます。あなたも自作無線機でのCW交信を楽しんでみませんか。

                      HP編集員 JH7UBC 畠 惠治
 2018年3月1日  編集メモ

アンテナ・アナライザ


 インターネットオークションでアンテナアナライザを1万円台半ばで手に入れた。この程度の出費ならば清水の舞台から飛び降りる程大げさなものではなく、縁側から地面に飛び降りる程度と言えよう。ベクトル・インピーダンス・アナライザと呼ばれるその機器は、アンテナのSWL、インピーダンス、リアクタンスの測定をするものである。アンテナ・アナライザは頻繁に使用するものではないので、使用感はそれほどなく外観はきれいである。メーカーはAEA製である。

 かつてハム人御用達の測定器としては、テスターが定番であり(もちろんテスターではアンテナの調整はできないことはご承知の通り)良くて「グリッドディップメータ(GDM)」が挙げられる気がするが、これとて高価な機器だったので、所有している人も少なかったのではなかろうか。

 GDMとSWRブリッジを組み合わせると原理的にはアンテナのSWRが測定できるが、組み合わせて使用するため使い勝手は悪く、アンテナの調整は大変であった。いつ頃からか、GDMとSWRブリッジを合わせたSWRメータが出てきた。代表的なものは国産ではクラニシ、海外のものはMFJである。価格はハム機器の相場を勘案すると、安いとは言えずコスパの悪いものであった。

 オークションで入手したAEA社のVIA Analyzerは2006年製であるが、今から15年以上も前に開発されたVIAは、DDSで周波数範囲をスイープする機能を有し、結果はモノクロではあるもののLCDにグラフィック表示したり、また測定データをRS-232C経由で、PCに取り込んでグラフ表示することもできる同機は、当時としては最新の「スグレモノ」だったことが伺える。そのためかeHam.netなどの口コミサイトなどを見てみると、比較的最近の投稿にもかかわらずべた褒めである。

 オークションを覗いていると、GDMやSWRメータの出品が結構目に付く。往年のハム達が、昔は高価で買えなかった機器が、中古でもようやく経済的に買えるようになったので、手に入れて使ってみたいということなのか。それとも、最新のスグレモノのVIAの便利さを知らずにいるのか。いまさらGDMを買って、どうしたいのだろうか。

                      HP編集員  JA7GND 渡辺 栄

歳月人を待たず
 2018年2月1日   巻頭言

 大晦日を通り越して御歳神さまをお迎えしたと思いましたら、もう月が変わって二月です。お陰様で私も三回目の【成人式】と呼ばれる還暦(満六十歳)に王手が掛かって今年は前厄です。 新聞誌上のローカルトピックスのページで良く見かける「還暦同級会」の集合写真など自分には遥か遠い未来の話だとタカをくくっておりましたらあっと言う間に現実味を帯びて来てしまったと言う訳です。

 さて、皆さんの場合では小学校、中学校、高校のいずれの同窓の枠で開かれるケースが多いのでしょうか?私事で恐縮ですが高校卒業の際、クラス会の幹事を引き受けていましてこれまで同級会らしき集まりは一度しか(最初の成人式)行っていなかった関係で今回こそはと還暦に合わせ四十年振りの再会を目指したいと誓いも新たにしている今日この頃なのであります。この場をお借りしまして過去に還暦同級会の幹事を経験なさった方がいらっしゃいましたら何とぞアドバイスの程宜しくお願い致します。

                FCWA事務局長 JH7LUF 金沢勝則
 2018年2月1日  編集メモ

HF交信会

 FCWAでは、毎週水曜日の21時から、3.520MHz付近でCWによる交信会を行っています。2008年2月から始まったこの交信会は、間もなく10年を迎えます。交信会の記録は、本ホームページのHF交信会のページに記録されています。

 過去の記録を見ると、今はサイレントキーされた、JA7SSB 齋藤さん,JM7TGV 八木さん,JA1HMK 杉さんのコールも見えます。記録を見るたびに、懐かしさがこみ上げてきます。キー局は、この2年間は、当局JH7UBCが務めていますが、それ以前までは、JA1OQG/7松田さんが担当されていました。

 この交信会も最近は参加局が少なくなり、少し寂しい状況になっています。しかし、毎週FCWAのメンバーと交信できる機会は、私にとって大きな楽しみでもあります。そして、短いメッセージを和文で交換することは、和文CWの交信力を維持する大切な時間となっています。

 この交信会を今後どれだけ継続できるかは分かりませんが、しばらくの間は、同じスタイルで続けようと思っています。FCWAのメンバー、それ以外の局でもけっこうですし、欧文のレポート交換だけでもかまいません。ご参加をお待ちしております。

                      HP編集員 JH7UBC 畠 惠治
 2018年2月1日  編集メモ

後継者育成


 年金の支給が始まる齢となり、会社の退職を考えていたが、会社の上司からの慰留もあって出勤日を減らしてもらうことで、会社勤めをしばらく継続する事にした。慰留された理由の一つに技術高周波に対する技術・知識などの継承がある。高周波を扱う機会がないと実際の指導ができないためである。

 フレンチの超一流のシェフがレシピ本を出していて、「この通りに作れば、私の店の料理を再現できます」とうたっていたりしている。そのシェフに隠し事や秘密は一切なく、自分の知っている全てを曝け出しているのだが、一方で、「この通りに作っても、オレと同じ料理はできないだろうな」と思うそうである。文字で表せない微妙な「サジ加減」があるのだろう。

 当社製品の高周波伝送特性を測定するためのフィクスチャー(測定用ジグ)も手作りである。コネクタが製品により変わるので、フィクスチャーは一品ものにならざるを得ないのである。なので現物合わせで作成する。フィクスチャーの回路図は簡単であるが、そこには回路図では表せない「センス」が必要であり、「センス」というものはなかなか文字で表せるものではない。見て「美しい」ものは機能的にも良いものとなる。電子工作もしかりで、見て美しいものは機能的にも優れたものとなる。回路図というレシピを通して先人の知恵に沢山触れ、実践を通じてセンスのブラッシュアップを心掛けたいものである。

 FCWAというコミュニティーは個人局の集合体である。ハム活動は個人レベルでの活動だが得手、不得手が個人では異なり知識も技量も様々。なぜFCWAに集うのかを考えてみると、個々人で不足している技術・知識を、先達の知恵を借りて補いたいということなのだろう。後継者育成をどうするか...

                       HP編集員  JA7GND 渡辺 栄
        

中華品質と日本品質
 2018年1月1日  巻頭言 

 最近よく利用しているインターネット・オークションで7MHz QRP CW トランシーバを落札した。今更な話題といわれるかもしれないが、「PIXIE」と呼ばれるそのトランシーバは、5cmx5cmほどの基板1枚にまとめられたもので、中華製のキットで供給されている。

 私が入手したものは、JA4のOMさんにより組み立て済みの「完成品」である。キットに添付されるのは回路図1枚、部品表1枚のみで、組立の詳細な説明書はない。秋月電子のキットも似たようなものだが、こちらは多少の説明はあるので良心的と言えよう。最初は部品の確認に手間取るかもしれないが、2台目を組み立てるなら1時間もかからずに組み立てることができるほどのものである。



 もともとPIXIEはドイツの「 GM3OXX /George Burt」によってデザインされた「Foxx」に、改良が加えられ現在に至っているようだ。入手したPIXIEは中華製のパクリとも言えるわけだが、基板はガラスエポキシ両面基板だし、コネクタやジャックなどは、もう中華製の独壇場であり「本家」と言ってもよいものである。これは長年外部からの指導で技術を蓄え、中華品質が良くなってきた証左であろう。

 「ジャパン・クオリティー(日本品質)」という言葉は、高品質な日本製品の優位性を世界に誇るものとして使われていた。しかしこれからは「品質が疑われる製品」を表す言葉として世界中に浸透していくことになるかもしれない。大手鉄鋼メーカの検査データ偽装問題が国内のみならず世界中で波紋を呼んでいるのだ。同社の製品は、自動車、鉄道、航空、防衛、重電等に及び、大規模なリコールとなれば自業自得であるが、同社の経営も怪しくなるのではないだろうか。

 また自動車分野でも、完成車両検査が未資格の社員によって行われたことが明らかになり、安全を脅かす不祥事と言えよう。不正が常態化してしまっていたのは、人手不足問題の解を海外、とりわけ世界の工場と呼ばれる、お隣の中国に求めたためである。もの作り技術移転で中華品質は向上し、一方国内のもの作りの人手不足は解消しないまま、データ改ざんという不正で逃げようとしたのだ。

 一握りの企業、一握りの部署による不祥事と信じたいが、このような事態が繰り返されるようでは「ジャパン・クオリティー=低品質」という代名詞になるかもしれない。もう「中華品質」と揶揄できるだろうか。

                       HP編集員  JA7GND 渡辺 栄
 2018年1月1日  編集メモ

 FQPログ提出局、過去最多

 12月2日に開催した第9回 FCWA CW QSOパーティのログ提出が昨日締め切られました。(郵送分を除く)12月31日現在で、116局からログ提出があり、これまで最多のログ提出局となりました。多くの局に参加をいただき、ありがとうございました。

 今年から、パーティ開催時刻を3時間繰り上げ、午前9時からとしました。太陽活動の低迷とともにコンディションが悪く、14MHz帯以上のバンドでのQSOは難しく、10MHz,7MHz帯も午後3時ころからスキップが始まります。ローバンドにQRVできない局にもパーティを楽しんでいただきたく、開催時刻を繰り上げた次第です。その成果もあって、多くの局にご参加をいただき、ログ提出も最多になったのかと思います。郵送分のログ提出を待ってから集計し、なるべく早く結果をこのサイトに掲載しますので、しばらくお待ちください。

 FQPは、来年第10回を迎えますので、第10回記念大会として企画をしたいと考えています。来年もぜひFQPにご参加いただき、CW QSOを存分に楽しんでいただきたいと思います。それでは、CUAGN 73

           FCWA CW QSO パーティ・マネージャー JH7UBC 畠 惠治

過去の巻頭言・編集メモ
2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年
2016年 2017年

ページトップへ戻る